1: ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★ 2012/06/18(月) 07:29:02.99 ID:???0
ここしばらく「そろそろ音楽を止める潮時かな」と漠然と考えている。

ここで言う音楽とは自分の職業としての音楽のこと。趣味に近いたまにやるライブであったりバンド活動
だったり毎晩作っている”おやすみ音楽”だったりのことでは無く、職業演奏家・作曲家・編曲家・レコード
プロデューサーとしての音楽との関わりのことだ。
音楽制作の現場においていつの頃からかその制作費の締め付けが厳しいモノへと変わって来た。それは当然だ。
単純に作った商品が売れなくなってしまったからだ。売れなくなった理由・考察はこの場では割愛するが、現実と
してそういう状況だと。

すると単純に今までやって来た(培ってきた)技術・方法は使えなくなって来る。どんな形であれ音楽制作には
経費が派生する。その経費は”音の作り方・クオリティそのもの”に正比例する。
僕らはよりよい音楽(音)を作ろうと日々努力する。そういう仕事だから当たり前のことだ。

よりよい環境(スタジオ等)を求め、よりよい機材で、よりよいやり方を試行錯誤し。知らない方から見れば
「何でそんなことに?」と思える様な些細な部分にも注視し努力を続けて来た。
ところがあるボ−ダーラインを越えてしまうとその努力もやりようが無くなってくる。
例えば10年ほど前まで一枚のアルバムを作るには1200~1500万の予算がかかった。今の世代の方からは
「バブル!」と一蹴されるかも知れないがそれは違う。
ちゃんと真面目に音楽を作るにはそういう金額がかかるのだ。僕らのギャラが高かった訳でもスタジオが法外に
利益をむさぼった訳でも無駄な時間をかけた訳でもない。録音作品を真面目に作るとはそういう事なのだ。(ちなみに
プロデューサーとしては印税契約だったので僕のギャラはその制作費には入っていない)もちろんこの予算にアーティスト
の取り分も含まれていない。純粋に録音物の制作にかかる費用だ。
>>2に続く
http://masahidesakuma.net/2012/06/post-5.html?utm_source=echofon


※前スレ★1の立った時間2012/06/16(土) 09:26:35.38
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1339866345/

199: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 11:02:16.77 ID:ULAIrdE/0
>>1
そう思うならもうやめていいだろ。
過去の音楽だけで俺は充分だし。
アルバムに1500万とか採算あわンだろ。
ニーズにあったものじゃないと売れるわけないだろ。

3: ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★ 2012/06/18(月) 07:29:24.47 ID:???0
こちらも長年の経験があるプロなのでその予算でと言われれば不可能では無い方策で関わる。
何枚かやってみて、どれも到底所謂インディーズレベルでは無い良い作品に仕上がっていると思える。予算が1500万
でも60万でも僕に出来ること・やるべきことに違いは無いのだから。

ただ確かに良い作品は作れるが、その”良さ”には限界がある。
僕らはもっともっと”良い音楽”を作って行かなければならないと思うからだ。それには60万の予算はあまりに制約が
多すぎる。
今音楽は急速に無料化に向かっていると感じる。その波そのものには僕自身も賛同する部分もあり、毎晩無料で自分の
作品をネットにアップしている。自分で自分の首を絞める様なことばかりやり続けているのだが…。

23歳で職業音楽家としてスタートし、27歳でプロデューサーとなり。通算40年近い時間をかけて積み上げてきた
録音物制作に関するノウハウがある。が、現在の状況、これからの時代を予想する限りその積み重ねた知識・経験は
『伝承しようの無い』モノに過ぎなくなったと思う。
これだけ長い時間を真剣に音楽に掛けて『伝承しようの無い』様なことしか出来なかったのかと思うと甚だ情けない
し残念だ。
しかもこれは日本固有の状況に思える。
もしこのまま、より良い音楽制作に挑めないのなら僕が音楽を続ける必然は
あまり見あたらないと思えてしまう。
そんな風にして今音楽家は音楽を捨てるべきかの岐路に立たされている。
(おわり)

8: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 07:35:16.81 ID:4iOfBOV30
ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ

大雑把にいえば、たった7つの音の組み合わせ。

まねしなくても、似た曲だらけになるね。



16: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 07:51:36.77 ID:JqFC4a+bO
ボカロでいい連中が大勢いるわけだから、生演奏派は食えなくなるわな。
当然レベルも落ちる。
世界一の市場なのに情けない。

21: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 08:02:29.40 ID:d7Ef+0fs0
>>16
ボカ路の声はどうしてもダメだわ。
サウンドはともかく、声は生身の人間じゃないと、ファン以外は拒否反応起こすよ。
人間にカバーさせてようやく完成。

26: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 08:05:41.86 ID:T1FBn08K0
>>16
大勢w
リアルでそんなヤツ見た事ないわ

17: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 07:52:05.72 ID:bLW/p5200
佐久間さんの言うこと分かるわ。
スタジオ音源って凄い重要な音楽だと思うんだよね。
生で再現不可能な音楽って、生演奏とは別物の音楽表現だと思う。
芝居に例えると、劇場の芝居と映画くらい違う。

20: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 08:00:51.10 ID:txDVnxFd0
この人の言うこともわからんでもないが、CDの音質は明らかに80年代より現在の方がいい。
予算の影響を受けるのはストリングス隊やブラス隊など生演奏家を呼ぶ時だな。

28: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 08:08:02.78 ID:idZLEuTu0
佐久間レベルの人がこんなこと言うなんてもう音楽業界は終わりが近いんだな

29: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 08:12:21.91 ID:1hCpWCg20
>>28
終わりが近いって言うよりも、もう実質終わってるんだよ
終わってるからAKBみたいなのが出てくる
AKBは死肉に群がるハイエナだよ

48: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 08:38:58.90 ID:BnuqMzuT0
俺は、日本で音楽が売れなくなった理由はコレだと思う。

JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた 前編
http://www.youtube.com/watch?v=VMW4eyNY_Rk

51: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 08:45:45.00 ID:RmeclengO
>>48
こういうことドヤ顔で言われてもな。
JPOPというかクラシックから続く定番のコード進行だし。
音楽の授業まともに聞いていたなら、何を当たり前のことを言ってるんだと思うわ。

99: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 09:40:29.80 ID:OVmYaZkX0
>>48
なこと言ったら、ビートルズのレットイットビーはじめ、洋楽も山ほどあるんだがw

52: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 08:46:30.45 ID:0MPKnh3A0
昔のベストテンとかヒットスタジオとか子供心に
演歌のヲッサンとか邪魔だな〜とか思って観ていたけど、
ああいうのを音楽番組から駆逐してから衰退が始まったような気がするな。
子供に媚び過ぎ。

60: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 09:05:13.94 ID:UFAVKqb/0
佐久間ほどの名の知れた裏方の人がレコーディングの面で今までの様なやり方じゃ商業音楽は無理だって言っちゃったのは大きいな
本当に行き詰まってんだな

70: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 09:16:48.76 ID:3oNixz4k0
クオリティの高い音源欲しくないの?
って言われたら欲しいし、いいのには金出すんだけど
クオリティに比例して売れるって感じにはならんだろーし
商売になるかは別だもんな

録音芸術としての音楽(キリッ
みたいなのはもはや道楽の領域か

73: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 09:20:46.39 ID:9mtlL4kl0
音質なんか大して関係ねーだろ。クラッシックで言うと
フルトベングラーなんて戦時中のモノラル録音だけど
人気あるけどね。
マリアカラスの名盤には確かラジオのニュースが
混信していたような音源もあったな。昔は
オペラ録音するなんてあまりしなかったらしいしな。
総じて音源は音質悪い。1950-60年代でもな。

現代のライブ録音なんてのも小節単位で切り貼りして
修正していて、それが解説されてたりしていてヘッドホンで
じっくり聴いてもわからないくらい上手く修正してある。
でもつまんないものはつまんないんだよな。

昔のほうが個性的な演奏家多いような気がするけどね。
現代は客観主義とか言って無個性でつまんないんだよね。
これが老人になると自分出してきたりするから不思議なんだけどね。


78: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 09:25:11.32 ID:aU/ExvI4P
で、誰?

82: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 09:27:39.11 ID:X7sQS57F0
>>78
いやいやいや
音楽に疎いオレでもこの人は知っているぞw

92: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 09:37:28.56 ID:htORZ3zT0
メロにしか興味ないってのは
映画で言えばストーリーにしか興味なくて映像表現、構図カット割り編集などに興味ないようなもの?

96: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 09:40:09.91 ID:wZvsQ/s6O
>>92まあそういうこと

103: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 09:44:34.68 ID:UFAVKqb/0
音質とかスタジオとかの話は一例であって表現方法が狭まるって危惧だと思うんだが違う方向の意見が多いね
ボカロとか宅緑みたいにやればいいって意見は違うと思う

一品寿司が金かかって握れないならみんな回転寿司屋になればいいみたいな暴論でしかない

122: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 09:57:07.41 ID:9mtlL4kl0
マイスキーってチェリストがいてソ連で強制労働させられてたらしく、
亡命したらしいんだが、その直後の無伴奏チェロ組曲ってのは実に
泰然とした演奏で好評だった。録音だな。

ところが米国だったかな西側に住み出してからの同じ曲
録ったんだが実につまんない演奏になったんだな。
10年以上違うから録音技術は良くなっていると思うが、
同じ人間が同じ曲演奏しても随分と違う。

クラッシックでは時期により楽曲の解釈が違うなんてのは
普通なんだが、これは音質より遥かに違いが出る。
ライブと近いかもしれない。だからクラオタは何年何月の録音と
言うことで同じ曲、同じ演奏家、同じホールでも時期が違うと言う事で
コレクションにするからやたらとソフトの数が増える。
エアチェックも好きだな。
この辺はポピュラー音楽なんかよりもライブ志向は強いな。
録音でもスタジオ録音よりライブ録音を歓迎したりもする。
FMで必ずライブ流すし、レコード会社との関係上録音では
ありえない組み合わせもある。
バイエルン響とザンデルリンクの田園なんかそうだったらしいな。

録音にそれほど拘るって言うのがいまいちわからんね。
クラッシックでは食べていける演奏家なんてのは今でも
殆どライブだな。録音なんかほんの一部の連中しか買っては
もらえないし、知名度あってもファンが少ないから大して儲からない。
ライブ演奏しないと殆どの演奏家は食べていけないだろ。

それが基本なんじゃないの?


124: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 09:58:46.14 ID:tQWSa2BW0
音楽に興味なくなったな おっさんになったからなのかもしれんが
中高生の頃はCDTV見て流行の曲チェックしてたもんだ

129: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 10:05:12.59 ID:41Ycp0100
B'zとかサザンとかドリカム、ユーミンとか大物からちょっとヒットした中堅まで、
ネット時代になって「あれもパクリだったのか!」というくらい
アメリカのパクリまくって、売れてたんだよな
今の時代はすぐばれるからアーティストにとってはほんと嫌な時代だろうね

143: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 10:16:22.94 ID:3vNqfIM50
AKBの曲がそんなに楽しまれてる印象ないなあ
握手とか選挙の人たちじゃないの?

148: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 10:23:50.40 ID:htORZ3zT0
>>143
AKB、ももクロ、ハロプロ、アニソン、ヒップホップ、ロック等それぞれにファンがいるのだから楽しまれてるだろう

145: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 10:18:58.15 ID:n68ATk5V0
カセットテープしかなかった時代でもいい曲は売れた
CDやロスゼロで聴けるようになったのに売れない。

結局、音質なんてどうでもいいんだよ。
くだらねえことグダグダ言ってないで、いい曲つくれよバカ。

149: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 10:25:11.08 ID:01DEhOOV0
『日本人の老化現象』で興行が成り立たなくなってるとしたら本当にやばいな。
人口構成はこの先100年は若返らないから、あやゆる文化が日本からなくなってしまう。

178: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 10:50:53.44 ID:GZaNfuWbO
>>149
今の60代位までは大体
『今の若いもんは〜』
っていわれた世代だから
老化現象ではない
むしろ統一化した、画一的な社会の恐さはある

150: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 10:26:10.18 ID:XuJ2NjukO
佐久間氏はむしろ今のDTM文化、ダウンロード文化に理解を示している
ミュージシャンの一人なんだが

171: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 10:47:54.05 ID:t5sBxsCC0
金をかければ名盤ができるわけじゃないが、名盤はみな金がかかってる。
これはデジタル機材が発達した今も変わらない。

189: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 10:54:45.55 ID:3b4D/HXEO
そりゃ今は若い奴の数が少ないし金持ってないんだからそりゃ懐メロばっかりになるよ。
今は音楽に限らずあらゆる分野で1〜20代は軽視されている。

192: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 10:56:42.76 ID:t5sBxsCC0
子供にどんなのが好きって聞いても、AKBと韓国アイドルだけなんだよね今は
本当にそれでいいのかと思ってしまう

195: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 10:58:06.41 ID:1hCpWCg20
>>192
テレビの影響って怖いよね
まあでもそういう子が大人になれば大半はそういうのを否定するようになるんだけどね

236: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 11:57:58.20 ID:ULAIrdE/0
>>192
今の子供は結構古いのも聴いてる子供が多いよ。
テレビでもふるいの良く出てるし親の影響もあるからね。
うちの子どもなんかも俺と趣味被るし。

194: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 10:57:06.91 ID:SrNe1/Yx0
自宅改造(30万)+ソナーで音楽やってるけど
かなり踏み込んだものが素人でもできる。なので今のインディーズとか素人はこれでなんとかなる

で、プロがこういう弱音を書いてしまうとなんか俺ら素人が見てて、切ない。
もっと前向きにやってほしい。文体が軽い職業鬱に見える。
今になって愚痴ばっか言わないで欲しい。
40年も食ってきて今更何を言っているのか。

もう年なんだろうから最後に1億円かけたアルバムを作るために
形で証明してほしい

音楽家ならCDで勝負、証明して
これが金をかけた音楽だ!お前らのチンケなものとの「差」を見よ!と
いうのが男の仕事に対する説得ではないのか

205: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 11:19:19.15 ID:xNTWV83f0
ジャズの50年代の録音なんか録音技術的には現代から見ればクソなんだろうけどな
日本のほとんどのジャズミュージシャンはあの時代のジャズジャインアントたちの足元にも及ばない

ジャズにはクラと違って税金が投入されることはないだろうし、日本のジャズ屋はライブで生き残っていくのも厳しいわ


207: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 11:22:19.15 ID:TC0Ao9FE0
>>205

クソどころかいまじゃ高くて揃えられないような ビンテージ機材使ってたよ
だからあの頃の録音は色あせない

224: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 11:50:45.13 ID:bo4b4kkh0
いつか打ち込みのクオリティが本物に追いついたらどうなるの?

226: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 11:53:00.05 ID:F3eJv9Cj0
>>224
打ち込みが生楽器を駆逐するという発想がジジ臭い

251: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 12:11:05.08 ID:bo4b4kkh0
殆ど関係ないけど、ストリングスアレンジって難しいの?
山下達郎ですら、クレジットを見ると他人に外注してるみたいだけど。

それこそ打ち込みでデモを作って、「こういう風に」って演者に頼めばいいもののような気がするけど。

274: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 12:42:52.67 ID:LYboeB1E0
続き
日本はガラパゴスだけど文化は固有性が重要だからそこをむしろ有利に使えばいいので悪いことだけじゃ全くないんだけど
だからといって自分の趣味だけを肯定するために本質や多様性を否定したりするのは愚かなこと

ただ、プロデューサー名乗ってるけど結局雇われなんじゃんってところは批判したい
本当の意味でプロデューサーなのであれば
予算予算とメジャーにぶらさがってないで
自分で才能とお金を集めてリスク持って勝負すればいいんじゃない?

276: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 12:45:35.12 ID:t/mxjbJf0
>>274
それエクゼクティブプロデューサー。
それもあるけど、ジョージマーティンみたいなのもプロデューサーだし。

277: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 12:46:09.37 ID:jKgSTjQsP
タイトルが悪いな。
本人は新しい時代に適応しようとしているのに、
どうして「諦める時」なんてタイトルにしたのだろう。

289: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 13:03:15.93 ID:x9hQCgS90
もんくなら小室とavexに言え
邦楽にトドメさした元凶だから

307: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 13:22:12.64 ID:vX5S2C/N0
つか、どうせJPOPなんてスタンダードたり得ない刹那的なジャンルなわけで
そんな金を掛ける価値なんて無いだろう

311: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 13:28:12.54 ID:uYBSfsGO0
これ、なんで★5までいってんの?

321: 名無しさん@恐縮です 2012/06/18(月) 13:51:49.09 ID:mGEGtFBU0
佐久間が音楽界からドロップするのか



転載元
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1339972142/